ディスカバーELS – TOEFL® Internet-Basedテスト (iBT)

TOEFL® Internet-Basedテスト (iBT)講座

大学レベルの英語スキルを評価

これはどんなテストですか?

英語を母国語としない方の英語力を評価する第二言語としての英語 (Test of English as a Foreign Language® /TOEFL®) のテストです。インターネットで受験するTOEFL® iBTは、総合的なコミュニケーションスキルと能力に重点を置いています。

TOEFL® iBTを開発したETS(教育テストサービス)との共同契約を通じて、全米のELS Language Center*で公式のTOEFL® テストを受験することができます。

このテストが必要な学生は?

準学士号または学士号取得を目指す場合

米国のカレッジや大学で学士号取得を目指す留学生には、TOEFL® iBTのオプションがあります。進学目的の英語プログラムのレベル112を修了した学生は、TOEFL® iBTが免除される場合もあります。TOEFL® iBTが免除されない場合は、カレッジまたは大学の受け入れに必要とされる各大学の必須得点を獲得する必要があります。各校のTOEFL® iBT必須得点は、各校に問い合わせて確認してください。

修士号または博士号取得を目指す場合

米国のカレッジや大学の大学院進学を目指す留学生は、TOEFL® iBTを受験することができます。大学院の大半がTOEFL® iBTだけでなく、GRE® (Graduate Record Examination®) またはGMAT® (Graduate Management Admissions Test®) の必須得点提出を義務付けています。ELS110レベル以上の学生、またはその他の条件を満たしている場合には、GRE®受験準備プログラムまたはGMAT® 受験準備プログラムを受講することができます。各受験準備プログラムの受講資格に関する詳細は、各プログラムのリンクをクリックしてご覧ください。

ビジネス英語プログラム

ビジネス英語プログラムを受講する場合には、TOEFL® iBT、TOEIC®またはIELTSの必須得点を獲得するか、ELS到着前テストで上級レベルの得点を獲得する必要があります。

実施センター

ELS/Juilliardを除くすべてのセンターで実施

受験準備

12週間プログラムのELS完全対策TOEFL® iBT受験準備プログラムにはTOEFL® iBT受験が含まれており、受験対策としては完璧です。この受験準備プログラムに関する詳細は、ここをクリックしてください。

詳細について

TOEFL® iBTに関する詳細は、ETSオンラインをご覧ください。

*ELS/Juilliard (New York, New York) を除く