オーストラリアの学位オプション

TAFE

TAFE(公立職業専門学校)プログラムでは、オーストラリア教育資格システム(AQF)のもとで、幅広い職業で実用的な訓練に対し、職業に関連した認定資格を授与します。

オーストラリアのTAFEの資格認定は資格証書IからIVまで、ディプロマや上級ディプロマまで様々です。

ディプロマや上級ディプロマレベルのTAFEの認定資格は大学進学の際に単位として認められています。

TAFEのディプロマと上級ディプロマ

オーストラリアのディプロマと上級ディプロマ課程では、幅広い職業や管理職能の理論や実技を教えています。

  • 通常、英語能力以外に入学に必要な条件はありません。
  • コースによっては職歴の証明を求められたり、必須科目が決められている場合があります。

準学士(2年)

準学士課程は12年生あるいは12年生同等、または資格証書IIIかIV取得後の課程です。短期間の高等教育資格で、卒業時は準学位レベルの資格を得るか、学士課程へと編入することができます。

大学 – 学士課程(3、4、5年)

学士課程では専門的職業や大学院での学習のための準備をします。 オーストラリアのプログラムには、専門職学位、ダブル学位、大学院入学学位や優等学位があります。

  • 入学するには高校の卒業証明書(12年生)まや海外の同等の資格が必要となります。 上級ディプロマの場合は、ほとんどの学士課程に入学することができるだけでなく、単位も認められます。
  • 通常、大学で3年から4年の受講が必要となります。
  • さらにあと1年間リサーチをすると、優等学位が授与されます。

大学院 – 修士課程

修士課程では、学生は選択した学科や専門職の分野で、さらに高度な知識と技術を学びます。プログラムにはコースワーク修士課程、専門職修士課程、リサーチ修士課程があります。

  • コースワーク修士号:講義、プロジェクトワーク、研究が含まれます。学士号か大学ディプロマ課程のいずれかを修了していなければなりません。
  • 専門職修士号:実務に重点を置いたプロジェクトです。 関連する資格や職歴が必要です。
  • リサーチ修士号:研究と論文が含まれます。学士課程、修士課程前期、大学ディプロマ課程を修了しているか、同等の研究経験が必要です。
  • ほとんどのMBAプログラムは、学士課程を修了しているか、実務経験が必要です。
  • 通常、大学で2年間の受講が必要となります。

大学院 – 博士課程

博士号はリサーチ学位ですが、プログラムによっては講義になっているところもあります。海外の博士課程の詳細は、カウンセラーにご相談ください。

認定資格、ディプロマ、ディプロマプログラムのどれを選ぶべき?

TAFEでは、ディプロマや上級ディプロマのような様々なレベルの認定資格に向けて勉強できます。資格によってコースの機関、学習内容、認知度が異なります。

大学では、学士号や大学院入学学位を目指して勉強します。ビジネス学士のような幅広い教育や、教育学士(初等教育)のような特定の職業に就くための学習などです。

オーストラリア教育資格システム(AQF)では、学士号や大学院入学学位をTAFE認定資格より上と位置づけています。職業により必要となる訓練レベルが異なります。そのため、どのような職業に就きたいかであなたに最適の資格が決まります。

簡単に要約すると: 就職のために認定資格、ディプロマ、上級ディプロマが必要な場合は、TAFEに入学します。就職のために学士号や大学院入学学位が必要な場合は、大学で勉強する必要があります。
注意:TAFEコースの単位が大学編入時に認められることもあります。